ワイモバイルデータ通信のメリット・デメリット  WiMAX比較ちゃん

イーモバイルLTEのメリットとデメリット

イーモバイルLTEは、今出ているモバイルデータ通信でもっとも速い方式を使っています。
今後もますます速くなると思いますが、ただ通信制限があるのがデメリットです。

ワイモバイルデータ通信のメリット・デメリット  WiMAX比較

イーモバイルLTEのメリット

イーモバイルLTE通信の魅力というとやはり、携帯電話と同じ回線を使用しているので、
光回線並みの速さでインターネットができることです。
今時代の流れはスマートフォンもの搭載されているLTEになってきており、PCサイトなどの重たいサイトもスマホで楽々見ることができるようになりました。
時代や人々の流れは急速です、自宅で安定して光通信でインタ^ネットをすることは当たり前ですが、
それ以上に持ち歩いてのインターネットの需要が非常に高まってきています。

 

そんな中で持ち歩くことのできるイーモバイルLTEは今や非常に重宝され、注目されていると言えるでしょう。

 

現在イーモバイルLTEの速度は最高110M
今までの3G回線が最高14Mだったことを考えると驚異的なスピードです。
自身もつい最近まで3GスマホからLTEスマホに切り替えて、その速度の早さに驚嘆しています。

 

イーモバイルLTEのデメリット

 

デメリットは通信制限があることです。
WiMAXは、通信制限はありませんが、イーモバイルLTEの場合、一日の利用した通信量が300万パケット(約366MB)を超えた場合、当日21時から翌日2時まで速度が落とされます。また、月のデータ通信量が10GBを超えた場合、当月末まで通信速度が落とされます。
毎日メールとインターネットくらいしかしないよ。っていう方はイーモバイルLTEがいいと思いますが、動画や音楽も沢山聴く方は、WiMAXのほうが、無制限で使いやすいですね。
自分の利用範囲と料金をよく考えてWiMAXかイーモバイルLTEかを選ぶとよいでしょう。

 

WiMAXとLTE2つの速度・エリアの違い

速度ですが、理論上はLTEの方が早いとされています。ただしこれについては利用環境により大きく異なるため、表示上の数字だけでは判断しかねる部分です。エリア内であれば比較的安定しているのはWiMAXです。LTEの場合、著しく速度が落ちることがあります。

 

エリアについてはどちらも未対応の地域はありますが、現状はWiMAXが優位です。ただしLTEの場合、未対応エリアであっても3G回線に切り替えて接続できるため、3Gの対応エリアによっては、WiMAXより広くなります。

 

 

通信制限に関してですが、これは使い方次第で大きな差となります。自宅では別の回線、外出先ではモバイル回線という使い分けならそう影響はないかもしれません。
しかしモバイル回線をメインで使っている場合には注意が必要です。LTEは基本的に制限があり、WiMAXにはありません。特に動画見放題のサービスを利用している場合、雲泥の差となります。

 

料金は契約によって異なるため一概に言えませんが、それぞれ専用端末で利用するケースを比較した場合、月額料金こそ同等ですが、WiMAXの方がキャッシュバック等のキャンペーンが充実しています。

 

WiMAXキャンペーンがどれほどお得なのか比較ちゃん>>